血圧を上げない味噌汁の飲み方

血圧を上げない味噌汁の飲み方

高血圧で塩分を気にするのは、近親者に高血圧の人がいなければあまり意味が無いのです。
いずれにせよ、塩分を控えるだけのために栄養価の高い味噌汁を制限するのはデメリットが多過ぎでしょう。
そこで塩分の取り過ぎを抑えた味噌汁の飲み方は無いのでしょうか、それはあります。

まず、血圧が上がるメカニズムを知りましょう。
食塩を取るとナトリウムの濃度が上がります。すると水分を取り込むようになり細胞が膨張します。
そうすると血管が狭くなり、血圧が上がるのです。
細胞の膨張を抑える働きのある成分に、カリウムがあります。
カリウムはナトリウムを細胞から追い出すのです。この時水分も同時に排出させるのです。
すると細胞は収縮して血管は広がり血圧は下がります。
カリウムはナトリウムとは相反する役割をすると言うことになります。
つまり、味噌汁にはカリウムを多く含む食品をセットにして取ると、血圧を上昇させないで済むと言えます。

カリウムは、野菜、海藻に多く含まれる成分です。
これを味噌汁の具にすれば良いでしょう。
全体的にもなるべく具の量が多くなってかさばる物にすれば、1杯で取る味噌の割合は減り塩分も減ります。
味噌汁の具の内容と量で、血圧の調整が出来るという訳です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>