味噌汁の塩分について

味噌汁の塩分について

減塩味噌には、そのパッケージには20%減塩とか書かれています。
これは、自社従来品の20%減塩もしくは五訂日本食品標準成分表の味噌成分の20%減塩と言うことになります。
一般に売られている従来品の普通の味噌100gには、食塩が11g前後含まれていると言われます。
自社従来品の塩分濃度によって違うと言う事になります。
これが案外大きくなるのには、意外なものがあります。

例えば、20%減塩味噌の減った塩分量を計算してみます。
1.従来品味噌100gあたりの塩分量12gの場合
12g×(100%-20%)=9.6g
2.従来品味噌100gあたりの塩分量10gの場合
10g×(100%-20%)=8.0g
1と2とで、100gあたり1.6gの塩分量の差があるのです。

では、味噌汁1杯あたりにはどれくらいの塩分が含まれているのでしょうか?
これが分かると、実際の食事量の目安としては把握しやすくなります。
味噌汁1杯に入れる味噌は、16gくらいなものです。
100gあたり食塩相当量11gの味噌の場合、1杯分の食塩相当量は、0.11g×16g=1.76gになるのです。
さらに出汁に市販の出汁の素を使うと、それにも塩分が含まれていますので、要注意です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>